医療法人大仲会 大仲さつき病院 精神科・神経科

員弁郡東員町大字穴太2000番地 0594-76-5511

先輩の声

看護補助者 佐藤

これまで医療に携わることがなかった私ですが、大仲さつき病院でスタッフ歴7年目を迎えています。
未経験の私でもスタッフとして形になっているのは、全スタッフの努力と協力に支えられていることと、院内の教育が充実しているからだと考えます。
プリセプター制度では、先輩からマンツーマンで指導いただくことで、その仕事の目的が明確になり取り組みやすいです。
当、大仲会の理念は、「優しい医療・楽しい職場」で、その理念に基づき、患者様の対応には病状の変化に寄り添い、また、スタッフ間で意見交換や知識の深め合いを活発に行い、患者様が笑顔になってくださった時はスタッフ皆で喜び合えることが一番のやりがいだと感じています。
病棟での仕事は、患者様と向き合うこと以外の仕事もたくさんあり、毎日あわただしいですが、患者様と向き合う時間を大切に、頑張っています。
自分も先輩となり、新しく入職された方の指導や、これまで以上に働きやすくなるよう、改善などを提案、実行していくことにも努め、自分自身も成長していきたいです。

看護師 岩間

私が大仲さつき病院に就職して4年目を迎えました。緊張と不安がある中、スタッフの明るい雰囲気に包まれ、熱心な指導を受け、困った時はすぐに相談に乗ってもらいとても心強い日々を送りプリセプター制度が充実していると思いました。研修などの教育にも力を入れているので、働きやすい職場だと思います。

職場での楽しみは月1回の病棟レクレーションです。OTやスタッフと協力し、病棟では見られない患者さまの素顔や意外な一面を見ることができ、季節感を共に味わい、笑顔を見ることができてとても楽しいです。また、レクリエーションを楽しみにしている患者さまもいてとてもやりがいがあります。

看護師 早川

大仲さつき病院に就職し、8年目になります。
途中、産休・育休をとらせていただき、現在も子育てをしながら勤めています。
子供がまだ小さいので、仕事と子育ての両立はときにはくじけそうになることもありますが、当院にはほかにも同じようにがんばっている職員が多数いるので、相談したり、はげましあったり、また子育ての先輩にはアドバイスをもらったりして、続けることができています。


勤務病棟は慢性期の開放病棟で患者様の自立度は高いのですが、長期の入院で、退院への意欲が失われている方も見えるため、地域・社会への復帰につなげていけるよう多職種と連携を取り、退院支援を行っています。
また、当院は委員会活動がさかんで、私はCVPPPチームの一員として、医療現場での暴力や攻撃が起こった時の適切な介入の仕方についてまなび、院内への周知研修等も行っています。
仕事と育児の両立がどちらも自分にとってプラスに影響し、子供にもほこりに思ってもらえるよう頑張っています。

看護師 竹川

私は32才で当院の院内奨学金選考試験で選ばれ奨学金制度を活用し看護専門学校を卒業し看護師としてこちらで就職させていただいております。

入職して五ヶ月ですが、私が配属している病棟では忙しい日々です。業務でわからないことがある場合でも職員の方々が「何回でも聞いてね」と言ってくださいます。皆様に助けていただいて楽しく業務についています。 また患者さまとの関わりではさつき祭、盆踊りなど1年間を通じて催し物に一緒に参加し楽しかった思い出があります。

当院では休日が多く仕事とプライベートがはっきり分けることができることでリフレッシュして業務に取り組めると思います。私にとってはこのことはとても重要なことと思います。

ページトップへ